「 Award Forceソフトウェア&サービス 国内価格&プロトタイピングサービス」リリース

mo4ma
22.04.24 04:08 PM コメント

この度、Award ofは、世界最高峰のアワード管理ソフトウェアAward Forceの導入契約から各種支援サービスまで、海外クラウドサービスをワンストップで安心してご利用頂けるようサービスを大幅に拡充しました。

1st. 契約・支払代行サービス

これまでお客様によるAward Forceの導入は、Webサイト経由の利用申込→契約手続き(電子署名)→海外送金→管理者登録→システム初期設定を要し、英語メールのやり取り、システム利用者、システム管理者、経理担当者の手続き調整が必要でしたが、これら一切の手続きを「契約・支払代行サービス」としてご提供させていただきます。

2nd. Award Forceソフトウェア&サービス 国内価格のリリース

Award Forceが提供する小規模表彰向けグロースプランから豊富な機能をもつプロプラン、そして特別な大規模表彰向けエンタープライズプランまで、各プランの導入契約を始め、導入に関わる各種サービスをAward ofが直接、お客様にご提案、ご提供させていただきます。

推奨パッケージ

 小規模表彰向けパック Award Force グロースプラン
導入支援サービス
契約・支払代行サービス
 54.7万円 
 中大規模表彰向けパック Award Force プロプラン
導入支援サービス
契約・支払代行サービス
 114.2万円
詳しくはこちら

3rd. プロトタイピングサービス

現状の問題点を始め、デジタルトランスフォーメーション(DX)で表彰事業をどの様に変えられるのか、どんな効果が得られるのか、応募者、審査員、事務局、スポンサー、主催者にどんなメリットがあるか等々、関係者で認識を共有することは容易ではありません。
そこで、Award of は、現状の表彰事業のDX化によるイメージの形成、DXで変わる表彰プロセスの体験、関係者の認識共有を目的にDXのハードルを乗り越えるプロトタイピングサービスをご提供させていただきます。

表彰プロセスの代表的な問題点(ペインポイント)をDXで解決

プロトタイプ評価を通じて、以下の様な問題解決(一例)の実現可能性を検証頂けます。

 タスク 問題点、ペインポイント
 応募メール受付
  • セキュリティ上、添付ファイル送信が不安視される
  • パスワード設定されたファイルの受付処理が煩雑になっている
  • 応募(書類、画像、動画URL等)一式を審査員用に整理・編集する必要あり
 応募フォーム受付
  • 応募項目(テキスト欄)が縦長のため、入力に負担感あり(UIが悪い)
  • 応募情報とアップロードファイル(画像)が別管理になる
  • セキュリティ上、フォームの設定および運用が不安視される
 評価基準
  • 評価項目(要素)に応じた重み付け評価の集計ができていない
  • 評価基準が明確でなく審査員によってバラつきがある
  • 各審査員に一任しており(基準が無く)審査体制の強化が難しい
詳しくはこちら

mo4ma