Skip to main content

Award of Award

本物のベンチャーを選ぶ全員参加型の

理想的なアワードを開催するプロジェクト

Award of 
​Campionissimo

The project to hold an ideal award with all participation
to recognize genuine ventures.

未来を担う優れたスタートアップ、ベンチャー、新規事業の中から私たちの生活に大いに役立つ、社会を進化させる本物を、市場調査および意思決定手法を取り入れた新たな評価・審査をもとに、応募者、審査員、スポンサー、ユーザーが全員参加して「アワード・オブ・カンピオニッシモ」を選出、表彰します!

「アワード・オブ・カンピオニッシモ」は、表彰の価値を革新し、表彰がつなぐ製品と市場、人と社会を再創造し、あなたとともに新しい世界基準を築きます

国内には500件以上の大賞、アワードやコンテスト等の表彰事業が開催されています。半世紀におよび回を重ねる伝統的な表彰制度もあれば、20年余前より新市場の創造者、けん引役としてベンチャーや新規事業、スタートアップを表彰する官民組織が主催する表彰制度が増加しています。一方、表彰事業数、受賞者数に比して、残念ながら市場経済は低迷したままで、一部の成功を除き、社会として底上げができていない状況です。

諸科学、芸術分野で既知のもの中から良いもの、好きな者を選ぶ、評価するのは楽しい一方、新しいもの、成長途上のものの中から、良いものを見極め、評価するのは容易でありません。その意味で、未知数のスタートアップ、ベンチャー、新規事業の中から私たちの生活に大いに役立つ、社会を進化させる本物を選ぶことはとても難しいことであり、評価者の眼力、評価技術が問われます。

今より少しでも上手く、新しいものの中から本物を選ぶことができれば、巡り巡って、私たちの生活、社会はより良くなる

「本物のベンチャーを選ぶ、全員参加型の理想的なアワードを開催する」プロジェクトの参加者は、こんな気持ち、思いを持つあなたです。

ユーザーの気持ち
  • ~~受賞、~~No.1 聞きなれない表彰名、コンテスト、調査結果に安心感が得られない
  • 確かな評価による信頼できるお墨付き    ものを知りたい

スタートアップ、ベンチャー、新規事業部門の思い
  • サイロ(タコツボ)化しておらず、応募数、審査員数、賞金額が最大規模で、最高の価値が得られるアワードを探している
  • 国内の類似する大賞、アワード、コンテスト等の受賞者、およびCFや補助金獲得者が一堂に介する中で、最高の栄誉、評価を得たい 
審査員の思い
  • 評価基準が曖昧に感じる
  • 明正大、忖度のない評価・審査に参加したい
  • デジタルを活用して多彩な審査員による効率的な評価・審査を経験したい

スポンサーの思い
  • 現状の表彰事業にベンチャー発掘の限界を感じる
  • ベンチャー発掘の新しいアプローチを探している

表彰事業者の思い
  • 現状の表彰事業が業種や専門分野に特化、細分化され過ぎ、良いものを社会に普及させる力の不足を感じる
  • 次代の先端を表彰する制度であるにも関わらず、主催側の応募~審査~表彰プロセスは旧態依然のアナログ処理が多いことに忸怩たる思いを感じる


プロジェクト参加者全員の集合知から「アワード・オブ・カンピオニッシモ」を選出、表彰することで、これらの気持ち、思いに応えます。

「本物のベンチャーを選ぶ、全員参加型の理想的なアワード」で実現したい3つのこと

「アワード・オブ・カンピオニッシモ」は、表彰事業の現状を打破し、調査・意思決定手法を取り入れた新しい評価・審査方式から、比類のない表彰事業を開催します。

1.現状の打破!

現状の表彰事業の多くは、低予算~改善気運希薄~低生産性~前回の踏襲 という悪循環に陥っています。

2. 比類のない表彰事業の開催!

「本物のベンチャーを選ぶ、全員参加型の理想的なアワード」で表彰事業における応募⇒審査⇒表彰の3プロセスを革新し、新しい世界基準を確立します。

特 徴

  • 多くの応募者の中から、本物と認められるベンチャーを選出
  • 全応募オープン化による応募者のブランド向上
  • 本物度ランキングと審査員500人以上から評価フィードバックによる改善指針
  • 最高のSNSプロモーション:1,257万人(人口の10%)以上のユーザーリーチ 

要 領

1.応募対象者:スタートアップ/ベンチャー/企業の新規事業開発部門

2.応募資格:いずれかの該当者

①過去3年のスタートアップ/ベンチャー/新規事業に関係する表彰事業の受賞者、応募経験者

②過去3年のクラウドファンディング(CF)や補助金等の獲得者、応募経験者

③半年以内に表彰事業またはCFや補助金への応募を予定する者

3.応募方式:エントリー、ノミネート

4.応募料金:有料制

特 徴

  • 応募者、審査員、スポンサー、ユーザーの全員参加による審査体制
  • 調査・意思決定手法にもとづく新しい評価、審査
  • 審査員500人以上による評価と集合知の結集

要 領

1.審査員:実務家(同業者・コンサルタント・スポンサー等)/専門家(有識者・学者・評論家等)/ユーザー(社会人・若年者等)

2.審査資格:いずれかの該当者
①ベンチャービジネスの実務経験のある者
②既存表彰事業で審査経験/スポンサー経験のある者
③仕事、生活、レジャーなどの場面で様々なレビュー評価を活用している者

3.審査方式:
①ベスト48:推し(推奨)度に基づき応募者をランキング化、ベスト48を選出
②ベスト12 ⇒ ベスト4 ⇒ ベスト2:トーナメント形式で各選出
③ファイナル:2応募から「アワード・オブ・カンピオニッシモ」を選出
※選出に4回の評価・審査を重ねます

4.審査対価:評価件数に応じた報酬、評価結果データ

トーナメント

特 徴

  • 最高の栄誉「アワード・オブ・カンピオニッシモ」の授与
  • 最高のSNSプロモーション:1,257万人(人口の10%)以上のユーザーリーチ  ※応募数、スポンサー数に準ず
  • 参加者全員による口コミ(インフルエンス)プロモーション
  • 表彰を通じた応募者、審査員、スポンサー、ユーザーの関係構築

要 領

3. 調査・意思決定手法を取り入れた新たな評価・審査方式!

ポイント1:推し(推奨)度による評価:NPS(Net Promoter Score)

自分のお気に入りのものを人に勧めるとき、好きという主観的評価だけでなく、人が納得する良いという客観的評価も必要です。ベスト46の選出に当たっては、主観的評価と客観的評価を(直観的に)総合した推し(推奨)度をスコア化して順位づけ、加えて、評価要素を加味して推し度の理由を記載(フィードバック)します。

●客観的な評価項目(例)

  • 価値(機能・品質・便益)
  • 価格
  • 優位性(独創性・革新性・希少性)

●主観的な評価項目(例)

  • コンセプト
  • 特性(魅力・アイデンティティ・ストーリー)
  • 将来性(スケール感・発展性・市場性)
ポイント2:加重平均を加味した意思決定手法による評価

主観的評価と客観的評価いずれの場合でも、どの評価要素(項目)を重視するかは審査員によって異なるため、加重平均を加味した意思決定手法をもとに順位付けします。
ポイント3:実務家・専門家・ユーザーの3名によるグループ討議審査

意思決定手法で順位づけされた結果をもとに、立場の異なるメンバーで評価の相違点、見落とし、曖昧な点等を討議、検討して審査選定を行います。グループ討議では、メンバーはアバター形式の参加による忖度ない自由な発言を促し、また候補者はオブザーバーとして同席し討議時にQA対応します。

サクセスチーム

武道 誠芳 Seiho Budo(富山県出身)プロジェクトチームリーダー 株式会社テンプロクシー

IT×マーケティング×チームメンバーのノウハウを結集し、次世代の表彰事業の理想形をデザインしました。このプロジェクトが、現代社会に新たな息吹、嵐を呼ぶことを願っています。

日置 孝子 Takako Hioki(京都府出身)シニアリサーチコンサルタント 株式会社メタウェルコ

弊社は、市場調査の定性調査手法にアバター技術を活用した独自のグループ討議メソッドを考案、多彩な審査員メンバーのコメントをテキストマイニングする技術と併せ、今回のプロジェクトで、今までにないアウトプットを多くの関係者と共有できることを楽しみにしています。

田村 淳 Jun Tamura(東京都出身)シニアリサーチテクノロジスト 株式会社マーケティングテクノロジー

弊社は、市場調査の定量手法のほとんどをカバーし、一般受容性調査、新規市場参入調査、マーケット分析調査、新商品開発、価格調査及び価格戦略調査、競合対策のための調査、売上・利益増加のための調査等を行っており、表彰に関わる評価・審査という新たな分野への調査分析手法の適用に期待しています。

西山 恵太 Keita Nishiyama(大阪府出身)経営コンサルタント 株式会社CURIO SCHOOL

弊社は、デザイン思考をベースとした教育プログラムの開発 / 小学生~高校生を対象とした教室運営 / 学校向け教育プログラムの企画・実施 / 企業に対するコンサルティング業務 / 中学生~大学生に対する起業支援を行っており、今回のプロジェクトで、実務家および若年層ユーザー審査員をネットワーク運営できることに興奮しています。 

サポートチーム

Narelle Neville - Account Executive of Award Force

We are thrilled to be partnering with you and are enthusiastic about the important work you are doing to develop the awards industry in Japan. We recognize the value that your organization brings to the industry and we look forward to collaborating with you. Our team can offer support and guidance and as we move forward in this partnership, we are committed to providing you with the highest level of service.

牛田 雅志 牛田雅志税理士事務所

とても面白いプロジェクトだと思います。このプロジェクトを成功に導く様に、資金管理面でしっかりサポートします。
本物≠完璧

本物=完璧ではありません。むしろ、新しいもの、成長途上のものは、上手く評価することと上手く育てることの両輪で本物になると言えます。

こどもを産み、育み、こどもの可能性を追求することと同様に、スタートアップ、ベンチャー、新規事業をしっかり評価することは、その始まりです。

選ぶことの難しさは、ワインのブラインドティスティングに通じ、また、その面白さは、無名アイドルの推し活、はたまた、一筋縄ではいかない恋愛にも似ているかもしれません。

良いものを評価し、選び、育む好循環がもたらす社会的な利益は計り知れません。当プロジェクトに賛同頂けるみなさまと、新たな表彰制度が共創できることを心より願っています。

当プロジェクトの開催に向け準備委員会を設立! #お問合せはこちら

「Award of Campionissimo」プロジェクト推薦意向(NPS)調査


当プロジェクトの推薦意向に関するアンケートにご協力頂ければ幸いです。(約3分)